精密採点Aiをカラオケボックス店員が分析

2019年秋に第一興商から発売されたLIVE DAM Ai(ライブダムアイ)にはカラオケ採点システム精密採点の最新バージョンが「精密採点Ai」搭載されました。

 

精密採点Ai結果画面1

 

引用元:DAM公式サイト

 

精密採点はテレビのカラオケ番組などでも多く起用され、その採点技術にも大きな進歩がなされてきました。

テレビなどの宣伝効果は大きく、ライバルカラオケメーカー「エクシング」が開発している、JOYシリーズより人気は高い。

あるカラオケボックスで利用調査をしたところ、DAMとJOYの使用率はDAMが71%でJOYが29%(店舗や設置状況で異なる)でした。

JOYSOUNDも「JOYMAXGO」などでは分析採点の最新バージョンを搭載し巻き返しを図ってはいますが、カラオケ採点システムでの人気は精密採点の方があります。

*JOYの「分析採点」についてはまた別途記事で紹介

 

今回新しく搭載された精密採点は「精密採点Ai」でAiの箇所は「アイ」と呼びます。

精密採点Aiを使うには本体が「ライブダムAi」でないと使用出来なので注意。

 

精密採点Aiの特徴

 

精密採点Aiは今までの精密採点とどう違うのでしょうか?

Aiの大きな特徴は従来の精密採点には無かった「感性」の加点です、メーカーの発表では莫大な歌唱データーを機械学習する事で「Ai感性」が人の感情を揺さぶる歌声を検出し加点させるとの事でした。

つまりこの人うまいのに点数が低いなと思われた歌唱での「加点」がより人間に近い感性評価で是正加点されるようになりました。

 

しかしAiには膨大なデーターを蓄積学習してより人間の感性に近づく事からわかるのは、発売初期は一つ前の「精密採点DX-G」とそれほど変わらないのではないかと言われていました。

導入直後に何人かの方に歌唱してもらい検証してみると、感性の加点は思ったほどではありませんがDX-Gに比べると若干点数が高くなる傾向でした。

 

精密採点Ai5つの新機能

 

①Ai感性メーター

Aiによって上手く聞こえる歌唱のテクニックが検出されると、ピンク色の光線がメータに飛んでいき「Ai感性メーター」のバーが伸びていく。

 

AI感性データ

 

②音程合否の細分化

概ね正しいと判断される音程で歌えると、歌唱の軌跡が黄色に変わる。

より完璧な音程だと歌唱軌跡が金色に。

 

音程合否

 

③Ai感性ボーナス

従来の精密採点での「音程ボーナス」「表現力ボーナス」「ビブラートボーナス」は「Ai感性ボーナス」として集約される。

 

AI感性メーターボーナス

 

④分析レポート強化

精密採点DX-Gの分析採点を継承し、新たな分析レポートが増量される。

 

AI感性ボーナス

 

⑤Ai感性のグラフ化

演奏区間ごとにどこがよく(ピンク色)どこが良くなかった(青色)かがグラフで明記され、歌唱で修正したい箇所がわかりやすくなる。

 

AI感性グラフ

 

精密採点Ai歌唱画面

 

精密採点Aiでは歌唱中の画面上部にはおなじみ「見えるガイドメロディ」が表示されます。

見えるガイドメロディでは採点を見える化、歌唱中に音程を判断し歌唱をサポートしてくれる優れもの。

ここでは「こぶし」「しゃくり」「フォール」「ビブラート」を検出すると光のエフェクトが技術力カウンターの飛んでいきます。

技術力カウンター

 

更に今回追加された「Ai感性メーター」が新しく画面上に表記される。

 

「こぶし」とは

演歌などでよく聞く言葉ですが「あの人こぶしきいてる」など、そうその「こぶし」です。

具体的には「レ♪」を出している状態で一瞬「ド♪」になり「レ♪」に戻るテクニックとなります。

 

「しゃくり」とは

一つの音を「高い音へ滑らかに移動する」

一つの音とは例えば「ド♪」とします、実はこの一つの音「ド♪」を更に16分割して音程を機械で判断しており「ド♪」の範囲内で高い音へ滑らかに移動する事を「しゃくり」といいます。

 

「フォール」とは

本来の音の高さから一気に音を下げるテクニックですが、多くの人の実体験に基づくと精密採点ではフォールの回数を稼ぐ事は難しいように思えます。

 

「ビブラート」とは

歌唱の際フレーズの終わりに声を波うつように「息の量を多くしたり少なくしたり」し揺らすテクニック

 

 

採点結果画面

 

歌唱後表示される結果画面では「Ai感性メーター」「Ai感性ボーナス」の表記が新たに加わり、人の感性を揺さぶる歌唱には「Ai感性ボーナス」が加点される。

精密採点Ai結果画面1

 

Ai感性メーターの評価詳細を見る事ができる、ここでは「Ai感性のグラフ化」がされ演奏区間ごとの歌唱の良し悪しがグラフで表記される。

 

評価画面2

 

 

精密採点DX-Gと精密採点Ai採点比べ

 

精密採点DX-Gと精密採点Aiで歌い比べるとどのような結果になるのでしょうか?

安定感ある歌唱ができるカラオケボックス店員さんにお願いして歌い比べてみました。

条件は同じ曲で同日、マイクや設備も同一条件のボックスで行う。

 

カラオケボックス店員

 

 

精密採点DX-Gで歌ってみる「コブクロ・桜」

 

精密採点DX-G採点

加点前の点数は「92.787」

 

精密採点DX-G加点後

加点後「93.960」で1.173点加点されました。

 

精密採点Aiで歌ってみる「コブクロ・桜」

 

精密採点Ai採点

加点前の点数は「92.550」

 

精密採点Ai加点後

加点後「96.156」で3.606点加点されました。

 

 

加点前の点数でAiは若干点数が低かったのですが加点で逆転し結果に約2点ほどの差が出来ました。

 

 

精密採点Aiの評価

 

カラオケボックス店員数名とお客様の評価の声をひろってみました。

 

店員A「点数に関しては部屋の構造やマイクの種類によって、若干の違いはありますが感性加点の分従来より点数が高くなり確かに人の感性に近づいたように思えます」

 

店員B「感性での加点はありますが減点が無い若しくは少ないようで、下手でもそれなりに加点されてしまい人の評価にはまだまだ差があると感じる」

 

店員C「同じ曲を歌ってもDX-Gに比べて1点ほど高い点数が出ます、Ai感性・・・悪くはありませんが、ある程度の歌唱だと同じ人間でも評価は分かれますから微妙な感じです」

 

お客様A「感性加点の分前の精密採点より面白くなった、しかし人の歌唱評価とはまだ程遠い」

 

お客様B「精密採点Aiは人の歌唱評価に近くなったとおもいます、今までは精密採点DX-Gを使っていましたがこれからは精密採点Aiを使います」

 

 

スポンサーリンク



 

精密採点Ai予約の仕方

 

精密採点Aiを使用するには本体が「LIVE DAM Ai」を使用、他のLIVE DAMでは使えません。

 

SmartDAMAiトップ画面

「SmartDAMAi」のTOP画面から左下の「コンテンツ」を選択

 

SmartDAMAiコンテンツ画面

「コンテンツ一覧」から「精密採点Ai」を選択

 

SmartDAMAiコンテンツタグ

精密採点Aiのタグが開いたら「予約する」を選択でOK

あとは好きな曲を送信すれば採点されます。

 

 

緊急事態宣言解除後カラオケボックスはどう変わる?感染リスクを減らす注意点

緊急事態宣言が発令され、カラオケボックスだけではなく多くの業種が自粛要請を受けました。

2020年ゴールデンウィーク明けからは自粛要請も都道府県別に解除となり、カラオケボックスも6月に入ると東京都以外はほとんどの店舗で再開されはじめました。

 

しかしカラオケボックスは「3密」な場所だけに、行っていいのか迷う方も多くまだ行きにくい場所の一つでもあります。

 

職場カラオケ

 

 

店舗の受付の変化

 

再開されたカラオケボックスのいくつかを覗いて見ると店員さんは最低限マスクの着用をしており、受付フロントではアクリルのフェースガードを着用している店舗もありました。

またフロントではコンビニやスーパーで最近あたりまえのように見かけるビニールシートがはられていたり、アクリル板が設置されています。

 

これは接客での飛沫感染対策ですが、最初違和感がありましたが今となってはあまり気にならなくなりました。

利用時の注意としては入店時マスク着用を促している店舗もあり、この時期マスク着用は利用する側の最低限のマナーとして考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

感染リスクの高い注意したい個所

 

カラオケボックスで感染リスクが高いと考えられる場所は何処でしょうか?

 

・受付

上記でも記載したフロント受付で飛沫によるものが考えられますが、注意したいのはフロントに置いてあるボールペンやパット、そして自分の会員証などです。

ボールペンなどは入室時自分の名前記載で多くの人が触る為使用ごとに消毒が必要となります。

パットも同様で入店時の利用確認でパットを使っている店舗も多いのですが、画面も多くの人が触ります。

会員証を手渡ししている店舗ですと会員証は店員お客様と双方向での接触となります。

 

こんなこと気にしていたらきりがないと思いますが、店舗側で意識が高ければ都度アルコール消毒などの対策が出来ているので、店員さんの動きからこの店舗はリスクが高い低いの目安にできます。

 

・マイク

マイクは飛沫が付着しもっともリスクが高い箇所ではあります、ほとんどのカラオケボックスでは使用後消毒しているのでこの時点では問題ありません。

しかし危険なのは同一グループでのマイク使い回しリスクは高いと思われます、自分が使った後にアルコール消毒などマイクのふき取りが出来る工夫が必要。

 

・ドアノブ

多くの人が触る箇所であり複数回接触しがちです。

 

・デンモクやキョクナビ

清掃時多くの店舗では使用後アルコール消毒されていますが、いいかげんな清掃しか出来ていない店員だとアルコール消毒が満足にできていない事が考えられます。

使う時に画面に前の人が使っていた指紋などが画面に残っていたら注意。

 

・トイレ

トイレではドアノブや便座に注意が必要です、店員がこまめに清掃は行っている店舗でも清掃間には多くの人が利用しています。

 

・ドリンクバー

ドリンクバーのボタンも多くの人が利用し注意が必要、お店の方が定期的にボタンを消毒されているのを見かけましたが、トイレと同様にドリンクバーのボタンは不特定多数の人が触る場所です。

 

まとめ

 

コロナ後のカラオケボックスでは対策として、店員のマスク着用やビニールシートなどの対策が講じられるようになりました。

使用する側も入店時はお客様にマスク着用をお願いしている店舗もあり、入店時はマスクをしておきましょう。

 

カラオケボックスで注意したい個所は

・受付

・マイク

・デンモク・キョクナビ

・トイレ

・ドリンクバー

 

「都内は臨時休業継続?」大手カラオケボックス営業再開について(6月1日再開情報)

2020年6月以降多くのカラオケボックスが営業再開されだしました、再開されたカラオケボックスも最初は時短営業などでの再開でしたが、6月に入りほぼ通常営業に切り替わってきました。

 

しかし東京都などは休業要請が継続され、大手カラオケボックスのほとんどが都内にあるカラオケボックスの臨時休業を継続させています。

都内で再開させているカラオケボックスは個人店が多く、大手で唯一都内で再開させているのはコートダジュールとなっています。

 

マイク4本

 

大手カラオケボックス営業状況

 

カラオケ館・シダックス 多くの店舗が再開されていますが、東京を中心とした一部の店舗は臨時休業中 *再開後も一部店舗時短営業の店舗あり

 

ジャンカラ       休業中店舗(都道府県)北海道、静岡県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、岡山県、広島県、福岡県、長崎県、熊本県、宮崎県、鹿児島県

 

まねきねこ       地方自治体の休業要請の解除された地域は営業再開、6/1からは(北海道、千葉県、石川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、福岡県)が追加で営業再開。

東京都と一部の地域を除き多くの店舗が営業

 

JOYJOY        全店営業中

 

ジャパレン       全店舗営業再開*一部時短営業となり店舗によって今後時短営業が継続され24時間営業の店舗と時短営業の店舗にわけられる。

 

カラオケバンバン    6月1日以降はほとんどの店舗が営業再開されるも、東京都など一部の地域は臨時休業中

 

コートダジュール    全店営業

 

コロッケ俱楽部     6月1日以降はほとんどの店舗が営業再開されるも、東京都など一部の地域は臨時休業中

 

 

声量を上げるちょっとしたコツは?「カラオケ初中級者向け」

声量の大きさはカラオケなどでも上手さに大きく関係しています、カラオケなどで歌っている人やプロのミュージシャンをよく見聞きしてみると、うまい人ほど声量があると思いませんか。

そうです声量は歌のうまさに大きく関係しており、カラオケなどで歌う時も声量を意識した歌い方をするだけで歌唱の仕上がりは大きく変わってきます。

 

カラオケ熱唱

 

自分は声量が無い、今よりも声量を上げたいと思っている方も多いと思いますが、まず声量のない方の特徴を見ていきましょう。

 

 

声量が小さい人の特徴

 

口の開き方が小さい

 

声量の小さな人に共通するのは口の開き方が小さい事です、逆に声量が大きな人ほど口を大きく開けています。

口の開き方が小さいと口内で音が抑えられてしまい、口の中で音がこもり聞こえづらくマイクにも音が乗りません。

 

 

歌う時の姿勢が悪い

 

あなたはカラオケを歌う時座ったまま歌う派ですか、立ったまま歌う派ですか?

声は喉(声帯)を通って発声となります、姿勢が悪いと喉が狭まり声は小さくなります。

座って歌うよりは立って歌う方が良く、立って歌っていても姿勢が悪いと声は小さくなります。

 

 

緊張による委縮

 

一人で歌うとそれなりにうまく歌えるけど、人前だと緊張してしまい普段歌えた曲でも思うように歌えていない。

原因は緊張や委縮によって口の開き方が一人で歌う時より小さくなり、自信の無さから背中を丸めてしまい姿勢も悪い。

これは上記で記載した「口の開き方が小さい」「歌う時の姿勢が悪い」のダブルパンチとなります。

緊張とかしない方でも声量が小さい人は癖で口の開きは小さかったり、歌う時の姿勢が悪い方が多い。

 

 

声量を上げるコツ

 

ここからが本題となりますが、声量が小さい人の特徴を上記で3つあげました。

 

・口の開き方が小さい

・歌う時の姿勢が悪い

・緊張による委縮

 

この3つの弱点をある程度改善出来れば声量は大きくなり、カラオケや歌唱のスキルは大きく向上します。

 

1つ目の「口の開き方が小さい」は、普段マイクに音が乗っていないと思えたり、マイクの音が他の人より自分の時は小さく感じる人に多い。

 

これに当てはまる方は「呼吸方法」と「口の開け方」を意識してください、発声の時の呼吸方法では「腹式呼吸」が良い(腹式呼吸は空気を吸う事でお腹が膨らむ呼吸方法)

 

そして何より口の開け方をいつもより大きく開ける事を意識する。

出来ている方だと逆に口を開けすぎて歌唱のバランスを崩してしまいがちになるので注意。

 

肺活量を鍛えたり腹筋を鍛えたり発声練習などのトレーニングをされている方も多いのですが、まずは口の開き方を大きくする意識をもつ事が大事です。

 

2つ目の「歌う時の姿勢が悪い」と喉が狭まり声は小さくなったり、呼吸も大きく出来なかったり、思った以上に声量に影響します。

もし座ったままカラオケをしている方は立って歌うようにしてみて下さい、仮に座ったままで歌うとしたら、背もたれから背中を離し背筋を一旦伸ばし姿勢を意識し歌いましょう。

 

3つ目の「緊張による委縮」は人前で歌いなれするしかなく、人前でしゃべる事が苦手な人ほどこの傾向にあります。

コツは一曲だけでも自信を持って歌う事が出来る曲を持つ事ですが、まずは身近な人間と少人数の前で歌う事から始めましょう。

 

 

「カラオケ点数機能の進歩」最新のカラオケ採点機能はどう変わった?

最近はカラオケ採点も随分進化し、カラオケ点数もより人の感性に近い採点などを搭載したモデルが出ています。

ひと昔前まではある程度の「音程・音量」がメインで採点を行ってきた。

ここ数年でカラオケ採点機能もさらに進化し、「ビブラート」「ロングトーン」「しゃくり」「抑揚」「こぶし」など表現力も採点基準にプラスされるようになりました。

 

最新機種「LIVE DAM Ai」

ライブダムAI本体

引用元:DAM公式サイト

 

LIVE DAM Aiの特徴はこちら

 

しかし採点でたまに違和感を感じるのがありませんか、多くの人が「この人の歌い方で思ったよりカラオケ点数が低くこの点数しかでないのか」と感じたり、「音程や音量は合ってるけどそれほどうまく思えない」方が高得点だったり。

 

よく聞きませんかアーティストがカラオケで持ち歌を歌っても高得点が出ない!なんて話し。

 

カラオケ点数・採点の違和感

 

上手い人が歌っても得点が出ない違和感は何処が評価されていないのでしょうか?

今までの採点機能で人が聴いて良いと評価出来るが、機械には評価できなかった事、それは「感性」の評価が機械にはしにくい事が原因です。

 

感性は機械的には評価されにくい箇所であり、単純なカラオケ採点プログラムでは表せませんでした。

しかし2019年秋に導入された、第一興商の本体「LIVE DAM Ai」ではAIを活用し人の感性に近い採点が実装されました。

 

 

最新カラオケ採点機能

 

最新のカラオケ機種「LIVE DAM Ai」ではカラオケ採点機能の最新バージョンとして「精密採点AI」が使えるようになりました。

精密採点Aiでは膨大な歌唱データに基づき、人の感性を揺さぶる歌声を検出して得点化できるようになりました。

「音程」「声量」「ビブラート・しゃくり等」などに加えて「感性」などの表現力が評価されるようになり、聴いて上手いと思える歌唱の評価が人に近づきました。

 

精密採点Aiで一つ注意したいのは、歌唱データを機械学習し日々進化していく点です。

逆を言えば導入直後は空っぽで感性の評価は今までの精密採点とほとんど変わりません。

 

Ai感性メーター

 

最新カラオケ採点でのポイントは「感性」ですが、これに伴い「精密採点Ai」では「Ai感性メーター」が採点中に表示されるようになりました。

 

AI感性メーター

 

「Ai感性メータ」の評価がプラスの評価の場合、画面のようなピンク色した光線が表示され、感性が評価されたことが目でわかるようになりました。

 

まとめ

 

最新カラオケ採点機能は「感性」を拾い出し、よりいっそう人間が聴いて上手いと思える歌唱の評価が点数として現れる。

実際使ってみると、今までの精密採点よりは人の感性に近づいています、AIは日々データーを蓄積していくため、先月歌った時と同じ歌い方をしても今月の点数評価は変わっていると感じました。

まだ数回の検証だけですが、「精密採点Ai」は別途検証して報告致します。