DAMの最新機種ライブダムAi「LIVE DAM AI」の注目すべき特徴は?

周辺機器

カラオケ業界ではJOYSOUND(エクシング)が2019年6月に「JOYSOUND MAX GO」を新機種として発売開始しました。

そしてDAM(第一興商)は2019年10月「LIVE DAM AI」(ライブダムAi)が発売開始。

新しい機種が出ると前機種との違いなど気になります、前機種は「LIVE DAM STADIUM STAGE」で、「LIVE DAM STADIUM」からのマイナーチェンジ機種でした。

今回は「LIVE DAM AI」とその名の通り「AI」を特徴とし発売されています。

 

ライブダムAI本体

 

カラオケでAI?何が出来るのでしょうか!

 

スポンサーリンク



 

 

LIVE DAM AIの注目すべき特徴

 

最新機種「LIVE DAM AI」どのような機種となり、どんな機能が追加されたのかを見ていきましょう。

 

しゃべってリモコン(音声認識操作)

 

しゃべってリモコン

 

引用元:DAM公式サイト

 

音声で操作出来るAiアシスタント機能が搭載され「OK、DAM」と呼びかけた後に

歌手名や曲名を入れて話すと選曲が可能。

更にキーの上げ下げや演奏中止なども行える。

 

 

しゃべってリモコンで可能な操作

 

演奏中止、原曲キー、前奏/間奏ストップ、ガイドボーカル

スタート/やりなおし、テンポ上げ下げ、あとまわし、DAMともボーカル

ミュージック音量上げ下げ、一時停止/再生、テロップサイズ切り替え、採点

マイク音量上げ下げ、早送り/早戻し、ガイドメロディ、ライブサウンド

キー上げ下げ、サビへ、見えるガイドメロディ

 

 

・音声合成(OK、IKKO~)

 

呼びかけて広がる楽しいトーク、「OK、IKKO~」と役名を呼びかける事で

「おしゃべりアプローチ」の声に。

ランキングやタイアップ情報、楽曲発売時の出来事を紹介したり、曲間には楽しいトークを繰り広げたりします。

 

アイドルカノン役(富永みーな)

指揮者TAKUTO役(梶裕貴)

美容家IKKO役(IKKO)

 

IKKO

 

 

ライブサウンド

 

多彩な音響空間をリアルに再現、DAMオリジナルの「ライブドーム」「ライブホール」

その他にも「東京ドーム」「ナゴヤドーム」の音響を再現、憧れのコンサート会場で歌っている様なリアルなライブが体験できる。

 

最新採点機能

 

この機種でやはり一番気になるのは新しくなった精密採点でないでしょうか。

従来の「精密採点DX-G」もコンテンツに残し、新しい採点機能コンテンツとして登場

したのは「精密採点Ai」です。

 

・精密採点Ai

 

精密採点Ai

 

莫大な歌唱データを機械学習する事で生まれた「Ai感性」が人の感情を揺さぶる歌声を検出し採点に反映する。

歌のテクニックだけではなく表現力まで理解でき、歌唱後の分析レポートにも追加。

完璧な音程で歌うと「見えるガイドメロディ」が金色に変化する演出もあり、歌唱時の演出が更に楽しくなりました。

 

・シンプル採点3D

 

シンプル採点3D

 

人気のシンプル採点がパワーアップ、可愛らしいキャラクターがあなたの歌唱に合わせ口パクし一緒に歌います。

上手に歌えるとくるっと回って喜んだり、間違いが続くとキャラの顔が真っ青になったり様々なリアクションが楽しめます。

 

シンプル採点のキャラは3種類

 

ネコ りんご役(内田真礼)

イヌ コタロウ役(冨尾光里)

ウサギ モモ役(薄井友里)

 

スポンサーリンク



 

 

注目のエンタメコンテンツ

 

・DRAGONBALLカラオケ天下一歌唱会

 

あなたの歌唱力で孫悟空を勝利に導き「天下一歌唱会」で優勝を目指すカラオケバトルゲームです。

一定時間ごとに歌唱を採点しその結果に応じて攻撃、最終的に体力が相手より多く残っていれば勝利となります。

ベジータや魔人ブウなど強敵との戦いを3回勝ち抜いて優勝すると、このコンテンツ限定の悟空ヒーローインタビューを楽しむ事が出来る。

*ランダムで登場する敵キャラは11種類

 

・ポケモン Kids TV

 

キッズ向けコンテンツを無料動画サイトにて展開中の「ポケモン Kids TV」から歌や童謡を配信。ピカチュウなど人気のポケモンが多数登場する背景と共に楽しむ事ができます。

 

・あにそんボーカル

 

「あの声優さんが歌ってくれる」をコンセプトに、歌って楽しむだけではなく聴いても楽しいコンテンツ。

声優さんが選曲したアニソンを全曲録りおろし、声優さんからのオリジナルコメントなども聴くことができます。

 

 

追加機能インターファイス&ナビゲーション

 

・1コーラス予約/2コーラス予約

1コーラスだけ、または2コーラスだけの歌唱を選べるようになりました。

より多くの楽曲を短時間で歌いたい時に便利な機能です。

 

・前奏スキップ/間奏スキップ

 

前奏や間奏をスキップすることが出来る機能を追加しました、歌唱タイミングまで待つ必要がなくうたうことだけに集中できます。

 

・曲情報紹介/次曲紹介/カロリー表示

 

演奏終了時に楽曲の発売年の紹介や次の曲の紹介、カロリー消費量といった情報を表示。

 

・紙の目次本をディスプレイに再現

 

紙の使用感などを忠実に再現しながらも、デジタル版ならではのソート機能によって優れた検索能力。

 

 

SmatDAMAi

Smatt DAM Ai

 

新周辺機器

 

周辺機器

 

アンプ&スピーカー

スピーカーはDDS-80GとDDS-65Gと2タイプDDS-80Gが高位スピーカーとなっています。

 

マイク

従来のマイクより音質が上がったのが(赤・白)マイク、マイクにDAMのロゴがありロゴを押すと白く点灯し音質が上がる。

 

サブウーファー

サブウーファーが設置されている店舗やルームは音質が格段に良いのですが、サブウーファー自体の発売も本体より少し遅いので設置店舗は2019年度中の設置店は少ない見込み。

*ウーファーは2019年11月発売予定

 

消費増税とキャッシュレス化に混乱する現場(カラオケボックス体験談)

2019年10月1日より消費税が10%に上がります、一部8%のままですがこれがまた混乱を招いています。

飲食店ですと店内で食べると10%、持ち帰りは8%とレジ対応などが複雑になりレジによってはレジシステムの入れ替えなどを行います。

カラオケボックスでは持ち帰りを行っている店舗は少ないのでここに関してはあまり混乱はありませんでした。

 

増税とポイント還元

 

 

スポンサーリンク



 

 

キャッシュレスポイント還元システムでの混乱

 

問題はキャッシュレス化推進で国がしている対策、中小小売店舗でキャッシュレス決済を行うと5%若しくは2%がポイント還元される(国が還元→カード会社→ポイント個人)

ポイントの寄与は各カード会社などにより様々、決して店舗などその場で値引きで引かれる事はありません。

 

しかも各店舗の申請したクレジット端末が対象となるため、同一店舗に端末が複数ある場合は申請が通っている端末でしかポイントは還元されません。

これは店舗で確認しお客様には関係ない事なので難しい事ではないのですが、申請した端末がこれに対応しているのか確認するのにも一苦労。

 

まずカード会社にこの時期(特に増税前月の9月に入ってから)は連絡が取りづらい状態となっている(電話がつながりません)

 

キャッシュレス化への拒絶反応

 

今までクレジット決済などなく現金のみで取引を行っていた店舗の店員の方は相当拒絶反応を示しています。

これに関して使い方の研修を行うとよくわかるのですが、年齢が高くなれば高くなるほどその傾向は強い。

 

20代~30代くらいまでの店員さんはわりとすんなりクレジットシステムを理解しスムーズに研修なども行えている。

40代~50代は人によって抵抗がある人が出てきますが、研修を行えばすんなり使えている。

60代~70代の方は抵抗ある方が多く、研修を行ってもスムーズにはクレジット端末操作はできない方が半数(スマホなどの操作出来ている方はわりとスムーズ)

 

そして還元についてお客様から店舗に質問などもあると思われますが、クレジットの仕組みを理解していないとまず説明できない。

仕組み自体はそれほど難しい物ではありませんが、クレジットカードの仕組みを今時点で知らなければとても複雑に思えるでしょう。

 

思い起こせば消費税が初めて導入された時は今以上の混乱や抵抗がありました、しかし時間と共にあたりまえになりました。

これもまた慣れていくものなのかもしれません。

 

乃木坂46のカラオケ人気曲TOP10は?DAMカラオケ新譜本2019年9月表紙

DAMカラオケ新譜本2019年9月表紙は「乃木坂46」となりました。

 

乃木坂46

 

 

 

乃木坂46カラオケ人気曲TOP10

 

1位  帰り道は遠回りしたくなる

2位  シンクロニシティ

3位  Sing Out!

4位  インフルエンサー

5位  サヨナラの意味

6位  ジコチューで行こう!

7位  素足でSummer

8位  制服のマネキン

9位  逃げ水

10位 ガールズルール

 

 

JOYSOUNDカラオケ新譜本2019年9月表紙(福原遥)

JOYSOUNDカラオケ新譜本2019年9月表紙(福原遥)

 

福原遥

 

JOYSOUNDカラオケ新曲本2019年9月号の表紙は「福原遥」となりました。

 

福原遥さんは埼玉県出身の元子役、現在は女優・声優・歌手・ファッションモデルとして活躍中。

 

 

福原遥JOYSOUNDコラボキャンペーン

 

福原遥デビューシングルリリースキャンペーン

テレビ東京アニメ「BORUTO-ボルトNARUTO NEXT GENERATIONS」エンディング

「未完成な光たち」を歌って応募しよう。

福原遥サイン入りポスター(JOYSOUND撮りおろしポスター)が抽選で5名に

 

期間は2019年8月23日~9月30日

 

カラオケ新機種「LIVE DAM AI」の特徴は?カラオケニュース

ライブダムAI本体

カラオケメーカーの第一興商は新機種「LIVE DAM AI」ライブダムエーアイの発売を2019年10月1日開始と発表しました。

2019年9月での最新機種は「LIVE DAM STADIUM STAGE」で「LIVE DAM STADIUM」のマイナーチェンジ的な機種でした。

しかし今回は業界初の「AI」機能を前面に押し出した新モデルとなります。

 

ライブダムAI本体

 

引用元:DAM公式ホームページ

 

 

スポンサーリンク



 

 

「LIVE DAM AI」の特徴

 

Aiアシスタントを搭載

 

楽曲の予約やキーの上げ下げなどの基本操作がマイクの呼びかけで可能になる。

動作の性能は発売されてみないとわかりませんが、「OK DAM~」の感じになるようです。

 

採点機能

 

「精密採点Ai」

精密採点は人気の高いコンテンツで、新機種発売ごとにバージョンが新しくなり今回は「精密採点Ai」となります。

Aiで人が上手だと思える歌い方を採点結果に反映させる、カラオケの採点でこの人上手いのになぜか点数が低いなど、機械の採点要素に人の感性を取り入れた採点機能となるようです。

 

精密採点AI

*その精度は発売されたら検証してみます。

 

「DRAGON BALLカラオケ天下一歌唱会」

歌唱力で孫悟空を勝利に導く新しいコンテンツの採点機能。

採点結果に応じ必殺技など攻撃を演出し、相手にダメージを与える。

 

DRAGONBALL天下一歌唱会

 

「シンプル採点3D」

 

シンプル採点3D

キャラクターが歌唱に合わせ口パクし一緒に歌う採点コンテンツ。

 

「LIVE DAM AI」周辺機器

 

*周辺機器は導入店舗によって設備が異なります。

 

「Smart DAM Ai」

・目次本感覚を再現したアプリを搭載

・あいまいな入力でもAiがアシスタント

・キーワード検索の結果理由を表示

・楽曲予約のたびに学習し、お店専用のデンモクに進化

・ダイレクトキーを前面に配置(演奏停止・TOP・もどる・リモコン)

 

スマートダムAI

 

スポンサーリンク



 

スピーカー

 

サブウーファーシステム

 

 

 

バズレフスピーカーDDS-80G

 

 

DDS65

 

 

 

赤外線ワイヤレスマイク(WITM-500/WITM-550)

 

赤外線ワイヤレスマイク550

 

DANのカラオケとの相性が最適化された赤外線マイク

 

 

動画専用カメラ

高画質なDAM★とも動画専用カメラ(DAM-MC8000)

 

動画カメラ

 

 

カラオケボックス店員目線(まとめ)

 

「LIVE DAM AI」で注目したいのは新しい精密採点「精密採点Ai」です。

いままで機械的に判定されていた採点がより人間の感情を取り入れたものとなったとの事ですがどれほどの物か気になります。

 

「DRAGON BALLカラオケ天下一歌唱会」の新コンテンツの採点も面白そうですね、DRAGON BALLが好きな人は必ず使うでしょう!

 

周辺機器のスピーカーやマイクは店舗によって導入するか既存の物を使うかでわかれるとは思いますが、今回の新マイクの登場で各部屋のマイク使用本数(最大何本利用可能か)が増える傾向になりそうです。