JOYSOUND MAX(ジョイサウンド マックス)

ジョイサウンドのJOYSOUND f1(ジョイサウンドエフワン)の後継機種、2015年発売でf1に比べ楽曲数も若干増えました。

曲数は2017年夏で27万曲以上となりJOYSOUND f1(ジョイサウンドエフワン)で歌える曲は全てJOYSOUND MAX(ジョイサウンドマックス)でも歌えます。

f1と大きく違うのは音源でドイツのMAGIXと共同開発し生演奏に近い音質を確保しました。

個人的な感想ですが音質はDAMの方が人気があり特にf1までの機種だと歌いやすさはDAMのほうがいいと思いました。

JOYSOUNDとDAMの双方取り扱いがある店舗でも約7:3の割合でDAMを選択される方が多い傾向にあります。

しかしながらこのJOYSOUNDMAXの登場により若干使用率を巻き返しました。

f1と比べれば歌いやすくなり、DAMよりもMAXの方が歌いやすいとおっしゃるお客様の声を聴くようになりました。

実際歌い比べてみたところ私の声質だとまだ若干LIVEDAMSTADIUMの方が歌いやすいように思いましたが、他の店員はMAXの方が歌いやすいと意見は分かれました。

ジョイサウンドf1詳細はこちら

ジョイサウンドクロッソ詳細はこちら

ハイパージョイWAVE詳細はこちら

 

ここまでくると好みの問題で、JOYSOUNはMAXの投入で音質の向上を大きく図る事に成功しました。

MAXとLIVEDAMSUTADIUMの一部をピックアップして比較してみます。

「JOYSOUND MAX(ジョイサウンド マックス)」の続きを読む…

JOYSOUND f1(ジョイサウンドエフワン)

ジョイサウンドのCROSS(クロッソ)の後継機種、2012年発売でこの機種はBMBと統合になってから初めての機種となります。

BMBはUGAと言う機種を発売していましたがJOYSOUNDと統合されJOYSOUDf1に一部の機能を残し無くなりました。

現在でもJOYSOUNDf1にはUGAモードがありますが、特定の設定を行えばこの機能でのカラオケが楽しめます。

曲数は2017年夏で26.9万曲以上となりCROSS(クロッソ)で歌える曲は全てJOYSOUNDf1でも歌えます。 「JOYSOUND f1(ジョイサウンドエフワン)」の続きを読む…

CROSS(クロッソ)

 

ジョイサウンドのハイパージョイウェーブの後継機種、2009年発売でこの機種からうたスキ動画対応となり、CROSS(クロッソ)では最大2動画のコラボが可能となりました。

うた好き動画とはカラオケで動画を撮影して、パソコンやスマホなどのWEBに公開し楽しむ動画(他のユーザーとのコラボも可能)

この機種本体は黒ベースになり、前機種のハイパージョイウェーブに比べると見た目のインパクトは少し低くなったような印象でした。 「CROSS(クロッソ)」の続きを読む…

HyperJoy WAVE(ハイパージョイウェーブ)

ジョイサウンドの中では古い機種となり、2006年秋頃に発売されました。

発売された当初は本体が白く、電源が入ると本体がイルミネーションのように光り見た目がとてもきれいな機種だなと思いました。

本体には出っ張ったスイッチなどなく本体に印刷されている文字を押す事で電源のオンオフが可能となります。

カラオケを歌う事に関しては本体の色とか見た目はあまり左右されませんが、当時初めて見たときはインパクトがありました。 「HyperJoy WAVE(ハイパージョイウェーブ)」の続きを読む…