バイトテロ(問題行動)は今始まった事ではない!カラオケコラム

「バイトテロ」といった言葉が認知されてしまうほどSNSで拡散される問題動画が世間を驚かせている。

最近では大手コンビニのセブンイレブンやファミリーマート、大手カラオケボックスのビックエコーなどのアルバイトスタッフがバイト先での問題行動をSNS上にアップされ炎上している。

*ビックエコーのスタッフ制服を着た店員が食材(唐揚げらしきもの)を床に押し当てこすり、それをそのままフライヤーで揚げている画像のアップ。セブンイレブンのスタッフがおでんを容器から口に入れて、手に吐き出し他の商品に触りまくる等。

 

 

 

移り変わるSNS

 

SNSの炎上騒ぎは数年前はツイッターが主流でしたが、ここ1年ほどではインスタのストーリーズなどが多く確認されている。

ストーリーズは動画で一定期間(24時間)で画像が消滅してしまう事もあり、多少問題な画像でも消えるからいいなどと安易な考えでアップしてしまう。

しかし本人のインスタからは消えても、第三者が保存拡散してしまえばその動画は永久的に残ってしまう落とし穴がある。

 

 

SNSイメージ

 

 

本人だけの問題ではない

 

昨今の炎上でもう一つ注意したいのは、動画に映っている本人も問題なのですが、撮影している友人や知人が動画をアップしている可能性が高い事です。

集団心理と共に第三者的な立場であり、SNSの再生回数稼ぎ目的などで本人より安易に問題行動をアップしてしまう。

 

このような行為の事を「ツイッター」「インスタ」をもじり「バカッター」「バカスタ」などとも呼ばれるようになった。

 

過去も問題行動はあった

 

では20年前30年前のアルバイトスタッフはどうだったのでしょうか、まず今ほど携帯は普及していませんでした。

携帯電話で出来る事は「通話・メール・着信音楽の編集」程度で30年前に至ってはパソコンは普及していましたが、携帯電話は普及していませんでした。

 

SNSなどが無かった当時のアルバイトスタッフが問題行動を起こさなかったかと言えばそうではありません。

当時はバイト先での問題行動を武勇伝のように友人知人に話している人を何人もみてきました、それは本人やそれを目撃した人の話だけで周囲も話半分で聞いていました。

何よりうちわの話で問題は拡散しませんでした。

 

30年前に比べるとアルバイトスタッフの教育は現在の方がなされ、店舗内の従業員のモラルは今よりもっとひどかった事は想像できる事でしょう。

もし30年前にSNSが普及していたら今以上の炎上があったかもしれません。

 

 

大晦日の過ごし方でカラオケボックスは有り?カラオケコラム

大晦日あなたは何をして過ごしますか?(大晦日の過ごし方)

大晦日や正月は家族で過ごす方も多いのではないでしょうか、家族でテレビを見ながらすき焼きや鍋など一年で一番家族が集まる機会と思われます。

では大晦日にカラオケボックスを利用する人はどのくらいいるのでしょうか、カラオケボックスの大晦日の稼働率を調べてみると、稼働時間に大晦日独特の利用率が顕著にあらわれました。

 

まいく4本

 

 

 

 

 

利用率(12月31日午前6時~1月1日午前6時)

 

調べた期間は2008年~2017年の大晦日(12月31日~1月1日午前6時)の時間帯でカラオケボックス数店(地方店)の実績。

*利用率(稼働率)は100%を満室とします。

 

午前中(6時~12時)平均 27.8%

午後(12時~18時)平均 77.2%

夜(18時~0時)平均17.4%

深夜、早朝(0時~6時)62.5%

 

大晦日のカラオケボックス利用率の傾向を見てみると、午前中、午後は日曜祝日などとほぼ同等の結果となっています。

しかし夜の利用率は17.4%と通常の平日の利用率を下回る結果となりました、しかし年越し後0時を過ぎた頃から急激に利用率が上がっています。

年越し後急激に利用率が上がる要因としては、年越しまでは親などの家族と過ごした若い独身世代がその後友人などと合流し、初日の出までの時間つぶしでカラオケボックスを利用する事が多い傾向。

 

日の出イメージ

 

全体として思ったより大晦日にカラオケボックスを利用する人は多いですが、18時から0時は極端に利用する方は少ない傾向です。

因みに年越しをカラオケボックスで過ごしたグループ(大晦日~1日利用)の利用率は13.1%でした(結構閑散としています)

都市部やカラオケ店舗の立地場所営業時間によって利用率のバラつきは出ますが、大晦日の夜は少数ながらグループでカラオケボックスで過ごす方もいます。

大晦日の過ごし方楽しみ方も人それぞれ、この十年で少し増えたのが大晦日のヒトカラ利用、10年以上前はほとんど大晦日でヒトカラ利用は有りませんでしたが、ヒトカラ利用のハードルが低くなったこともあり今後も増加すると思われます。

 

ヒトカライメージ

 

 

年末年始のカラオケボックスはなぜ混雑するのか!カラオケコラム

カラオケボックスに限らず飲食店だと年末年始は非常に込み合います。

特に夜の時間帯は非常に混雑する傾向にあり、混雑の原因はいくつかの要素が重なっておこっています。

 

 

 

繁華街イメージ

 

 

 

 

 

混雑要因

 

一番の要素はボーナスが支給されるタイミングとなる為ボーナスをもらった層の財布のヒモが緩くなっている事、2番目は忘年会・新年会の需要が多く、統計(当社調べ)でも会社などの団体予約数だけでも通常の月の約4.3倍ほどに跳ね上がっています。

これと重なり学生などの冬休みの期間が利用増加の要因となっています。

次に年末年始の帰省で久しぶりに会った同級生などの交流でカラオケボックスの利用が増えます、これは地方は利用増加となり都心部では減少傾向と2極化します。

正月などはファミリー層の需要が増加し、正月明けは会社関係などの新年会需要が多かったのですが最近は少し減少傾向となっています。

 

混雑が予想されるのは、12月は金曜・土曜夜(20時~1時)、27日~30日の夜(20時~1時)、1月は2日、3日(14時~0時)、正月明け土曜・日曜(14時~0時)。

店舗によって混雑状況は違いますが、カラオケボックス数店舗の利用実績を調べると、多くの店舗ではこのような結果となっていました。

注意なのが成人式の若者が成人式後にカラオケボックスを利用する事が多いのですが、この日はカラオケボックスは良くも悪くも賑やかになります。

 

年末年始にカラオケボックスや飲食店を利用する場合は予約可能な店舗であれば予約をしておくのが賢明です。

 

 

まとめ

 

ボーナスなどの支給で利用増加

忘年会・新年会の需要

学生の冬休み

帰省に伴う交流(同窓会等)

成人式

 

 

DA PUMP再ブレークのきっかけは?「U.S.A」で紅白出場も決まる。カラオケコラム

DA PUMPは2018年に再ブレークし年末には紅白出場も決まりました。

グループは現在7名で構成され、初期のメンバーで残っているのはISSAだけとなっています。

DA PUNPの名前での活動開始は1997年で翌年1998年には早くもNHK紅白歌合戦に出場しています、初出場から2018年でちょうど20年。

全盛期はカラオケでもよく歌われる人気曲などの上位に彼らの曲は必ず入っていましたが、途中メンバーの脱退や活動休止等でこの10年あまりメディアでの露出が激減。

そんなDA PUMPですが、再ブレークのきっかけは何から起こったのでしょうか。

 

 

 

私が今年DA PUMPの名前を聞いたのは、6月頃カラオケボックスでアルバイトをしている大学生のスタッフからでした、ユーチーブか何かの動画でこれ良くないですかと見せられたのが「U.S.A」の動画。

 

DAPUMP[U.S.A]

 

「カーモン♪ベイべ♪アメリカ♪」このフレーズは中毒性があります。

私のその時の感想は今も活動してたんだと思う気持ちと少し懐かしい気はしましたが、まさかこの曲で再ブレークするとは思ってもみませんでした。

 

 

再ブレークのきっかけ

 

2018年5月16日にユーチューブにアップされ、この時はまだDA PUMPの一部のファンしか知りませんでした。

しかしハロプロファンからツイッターやインスタグラムによって拡散されたのをきっかけに、再生回数が爆発的に伸びてく、また「ダサカッコいい」などのキーワードでも注目を浴び、テレビなどの地上波でも取り上げられるようになりました。

 

なぜハロプロファンから拡散されていったのか、それは「U.S.A」のジャケットがモー娘のものと類似していたのがきっかけとなり、DA PUMPに興味をいだいた事だとされています。

 

 

DA PUMPカラオケトップ5

 

過去の曲も注目され、カラオケボックスでは「U.S.A」のヒットで再ブレークしたDA PUMPの過去の曲にも注目が集まっています、特に「if」などは有線・カラオケではランキングが急上昇しています。

 

1位 U.S.A

 

2位 if

 

3位 ごきげんだぜっ!~Nothing But Something~

 

4位 Rhapsody in Blue

 

5位 Purple The Orion

カラオケ番組で「素人」点数が出てしまうプロ歌手は下手なのか?機械では判定できないプロのテクニック!

テレビ東京の「THEカラオケ★バトル」はカラオケボックスにある第一興商の機械で精密採点DX-Gを使っています。

番組ではプロアマ問わず採点機能で毎週歌自慢が出場し得点を競っている。

私が特に興味を引かれたのは、プロが持ち歌を歌った場合どのくらいの得点が出るか「それやっちゃう?ご本人は何点出せるかSP」としてヒット曲を持つ歌手が、持ち歌で精密採点との対決。

 

 

 

テレビ東京では11月14日に55周年企画で多くのプロ歌手が登場した、特に目を引いたのが武田鉄矢さんが持ち歌の「贈る言葉」を歌唱した時の得点(75.152点)でした、精密採点では全国の平均得点が出せますが、「贈る言葉」の全国平均得点は(79.763点)で武田鉄矢さんの得点は全国平均点を大きく下回った。

 

武田さんは自分の点数を見て「人の心を持て、お前それじゃ機械だぞ!機械か・・・」と笑いを取りました。

 

DAMの精密採点はとても進化し、歌唱テクニックの細部も評価できるようになりました、だからといって点数が歌唱に必要な要素が全て揃っているとは言えないのではとも思えます。

 

正しい音程で歌う事だけが点数ではなく、人の思いや経験などその人の感情も歌唱の大きな要素では無いかと考えます。

武田さんは人生経験も豊富で人としての厚みがあり、本人が歌う「贈る言葉」には深みがあります。

本人が歌う事へのリスペクトも含め、聴く側に深みのあるメッセージが届く事も歌唱の大きな要素と言えます。

 

今のところカラオケの機械では音による感情表現は出来ますが、本人に対してのリスペクト、表情、感情などは採点できません。

音程、ビブラート、しゃくり等のテクニックで点数が高い方はもちろん歌唱はうまいのですが、歌唱のうまさには機械で判定できない上手さもあるのではないでしょうか。